海外FXは違法ですか?海外FX業者でトレードをすることの違法性と法律

「海外FXでトレードすることは違法ですか?」

海外FXはハイレバレッジトレードができるため、国内FXよりも少額資金で大きな投資をすることが可能になります。だからこそ、海外FXトレードに興味を持つ投資家はどんどん増えているのですが、「日本人投資家が海外FX業者でトレードすることは違法なのか?」心配する投資かも多いようです。今回は、海外FX業者でトレードすることの違法性と法律について解説します。

Q.海外FXは違法ですか?

結論

海外FX業者でトレードすることに違法性はありません。

海外FX業者とは

外国に本社があるFX業者のこと

を言います。

海外FX業者でトレードすると言っても、

  • 海外旅行に行って、海外のホテルに宿泊する
  • 海外の保険会社の保険に入る
  • 海外のECサイトで買い物をする

ことと何ら変わりはないのです。

日本人投資家がリスクを把握した上で、自己責任で外国企業のサービスを利用することには、法的な制限はないのです。

金融庁のウェブサイトにある警告文の解説

金融庁のウェブサイトには「無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください」という文言が掲載されています。

「無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください」

金融商品取引法に基づく登録を受けていない海外所在業者が、インターネットに日本語ホームページを開設する等により、外国為替証拠金取引(FX取引)や有価証券投資等の勧誘を行っている例が見受けられます。

また最近、海外所在の無登録業者とバイナリーオプション取引を行い、出金に応じてもらえないなどのトラブルになっている例も見られます。

日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは違法です。取引を行う前に取引の相手が登録を受けているかこちらで確認して、無登録の海外所在業者との取引は行わないよう、注意してください。

出展:金融庁

これは文字通りの注意喚起です。

海外FX業者でも、海外バイナリーオプション業者でも、海外仮想通貨取引所でも、日本で営業活動を行う際には、日本の金融庁のライセンス登録が必要になります。しかし、多くの海外FX業者では、日本の金融庁のライセンスを取るためには、日本の法人を作って、かつ国内FX業者と同じレバレッジ制限などのルールに順守しなければならないため、ライセンス登録をしていません。(日本のライセンスを取ったら、レバレッジ制限など、今の国内FX業者と同じサービス設計にせざるを得ないので、現状の優位性が失われるためです。

金融庁からすれば

金融庁に登録していない、管轄外の海外FX業者を使う場合は、リスクが多いので注意が必要です。

ということをサイト上で警告しているのです。

「金融庁の管轄外なので、何があっても、守れないよ。」ということを訴えているのです。

ただし、勘違いしてはいけないのは

金融庁が「無登録業者」と言っている海外FX業者は、日本の金融ライセンスを持っていない海外FX業者を意味しているだけであって、他の国(外国の金融庁)の金融ライセンスを持って営業しているのが一般的です。

どの国の金融ライセンスも持たずに営業している無登録業者とは異なるのです。

また、法的に禁止されているのは

海外FX業者が日本の金融ライセンスを持たずに、日本人向けに営業活動をすること

です。海外FX業者が日本でCMをしたり、インターネット広告を展開したりはできないのです。

日本人投資家が、自身の判断で情報を取得し、海外FX業者の口座を作って、トレードすることを禁止する法律ないのです。

また、海外在住の日本人投資家の場合は、日本の法律に縛られる必要がありませんので、当然、居住している国に法律に従うことになりますが、多くの場合、海外FX業者でトレードすることを禁止する法律はないと考えらえrます。

注意!海外FXトレードは違法ではないが自己責任

海外FXトレードは前述した通りで

日本在住の日本人が自分の判断で、海外FX業者を利用し、FXトレードすること自体に違法性はありません。

しかし、金融庁の警告にある通りで

日本の金融ライセンスは持っていないのが海外FX業者です。

国内FX業者でFXトレードした場合は

  • 国内FX業者の倒産 → 信託保全で投資家資金は戻ってくる
  • 国内FX業者の出金拒否・口座凍結 → 金融庁・財務局・消費者生活センターなどにクレームを入れれば対応してくれる可能性が高い(クレームが正しいもので不正があれば、金融ライセンスが取り上げられて営業できなくなる)

という形で、投資家の資産は、ほとんどのケースで保護されます。

しかし、海外FX業者は、外国で金融ライセンスを持っていた場合、その国の金融監督庁のルールに合わせるだけなので、日本の金融ライセンスのルールとは違うのです。多くの場合は、日本のルールよりも、緩いルールで営業しています。

  • 海外FX業者の倒産 → 投資家資金は戻ってくるかはわからない
  • 国内FX業者の出金拒否・口座凍結 → 金融庁・財務局・消費者生活センターなどにクレームを入れても強制力がない

という形で、投資家の資産が失われるリスクを抱えてしまうのです。

結果として

  • 海外FXトレードは違法ではないが自己責任でやる必要がある。それなりのリスクはある

ということなのです。

上記のリスクと

  • ハイレバレッジ
  • 最新のトレードツール
  • 手厚いボーナス

など、海外FX業者のメリットを天秤にかけて、利用するかを検討する必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です