iFOREXは危険!?iFOREXの口座凍結、出金拒否、倒産・撤退のリスク評価と評判調査

  • 「iFOREXで海外FXトレードをするのは、リスクがありますか?」
  • 「iFOREXは出金拒否や口座凍結の情報はありますか?」
  • 「iFOREXは倒産リスクはありますか?」

iFOREXを利用して海外FXトレードをするリスクは、どのくらいあるのでしょうか?また、そのリスクを取ってでも得られるiFOREXのメリットには何があるのでしょうか?iFOREXのリスク評価(口座凍結、出金拒否、倒産)とメリットについて丁寧に解説します。

iFOREXとは?

iFOREXとは、Formula Investment House Ltdが運営する海外FX業者です。

20年以上の運営歴がある海外FX業者で、日本人投資家からは「海外FX業者のパイオニア」「ボーナスが手厚い」ことで定評があります。

サービスの特徴は「口座開設ボーナス、入金ボーナスとボーナスが豊富」「独自のトレードプラットフォーム」「外国株やETF、債権、暗号資産など幅広いCFD商品」とトレードの選択肢が豊富な点と、長い運営歴から、利用している日本人投資家も増えています。

ボーナスの手厚さ、商品数の多さで、豊富な選択肢の中でトレードしたい投資家におすすめできる海外FX業者です。

iFOREXのリスク評価

iFOREXの倒産リスク

海外FX業者の倒産リスクは

  • 金融ライセンス
  • 企業規模・世界展開
  • サービス内容
  • 事業歴

によって左右されます。一つずつ確認していきます。

金融ライセンスチェック

iFOREXを運営するHF Markets (SV) Ltdの金融ライセンス
  • 英領バージン諸島 ビジネスライセンス番号:SIBA/L/13/1068
iFOREX関連企業の金融ライセンス
  • Formula Investment House B.O.S. Ltd.:-
リスク評価

ビジネスライセンスを取得している英領バージン諸島としての信頼度はそこまで高くありません。一定レベルの信用があるという評価になります。

企業規模・世界展開チェック

  • 社員数:200人以上
  • 口座開設数:-

世界展開している海外FX業者で、日本市場へ注力している海外FX業者です。海外FX業者の中では、中規模の会社と言えます。

リスク評価

世界展開している海外FX業者で、規模も比較的大きく、世界各国でサービス展開しています。

サービス内容

倒産リスクが高くなる要因としては

  • 狭いスプレッド・安い手数料
  • 手厚いボーナス

です。投資家にとっては、魅力的な要素ですが、裏を返せば海外FX業者の収益性が低いことにつながってしまうため、上記が無理な設定だと、倒産リスクというのは上がってしまうのです。

iFOREXの場合

  • スプレッド:広い設定
  • ボーナス:手厚い(口座開設ボーナス、入金ボーナスなど)

となっています。

リスク評価

基本的にはスプレッドは広めの設定になっています。広いスプレッドの還元として、かなり手厚いボーナスを様々な形で展開しています。スプレッドが広めの設定でその分をボーナスとして還元しているだけなので、サービスによる倒産リスクというのは、それほど高くはありません。

事業歴

iFOREXが設立されたのは1996年です。

執筆時点2023年では、すでに

  • 事業歴:27年

が経過しています。

リスク評価

海外FX業者の中でも、2年~3年で撤退する事業者が多く、20年以上事業を継続しているiFOREXは、今後も、継続的に事業展開してくれる可能性が高く、倒産リスクは低いと考えられます。

倒産リスク評価

倒産リスクを評価すると

  • 金融ライセンス  ビジネスライセンスのみ保有
  • 企業規模・世界展開  社員数は200名以上と中規模以上の企業といえる
  • サービス内容  スプレッドは広い、その分、ボーナスは手厚い
  • 事業歴  事業歴26年以上は十分な実績

ですので、倒産リスクはある程度低い海外FX業者と考えられます。

iFOREXの口座凍結、出金拒否リスク

海外FX業者の倒口座凍結、出金拒否リスクは

  • 過去の出金拒否情報
  • 過去の口座凍結情報
  • 海外FX業者の口コミサイト情報

によって確認します。一つずつ確認していきます。

出金拒否情報

hotforexは超優良ブローカーだと思うけどね

出金拒否とか心配する必要が無いレベル

exnessと同等ぐらいの安心感はありますよ— ハイレバ戦士まんぼう総裁 (@manbou_FX) September 15, 2021

最近よく聞かれるのがこれ。

Q.FXの証券会社はどこを使ってますか?

A.XMとHotforexです。

ネットで調べてもちゃんと情報出てくるし、
出金も問題なくできてる。

そして僕個人との癒着とか一切ないです😌— Yamato|投資歴6年【FXミラトレ体験】 (@IV_Y__) March 6, 2022

リスク評価

ツイート上では、出金拒否の情報がありません。出金は安心できるレベルの海外FX業者と言えます。

口座凍結情報

HotForexでアーカイブされてた口座、サポートにメールして2万円サルベージ成功

全然使ってないといえど入金してるんだから凍結しないでほしい

リハビリここでするか別でするか。。— SekiMon (@sekimons) April 28, 2020

リスク評価

iFOREXは、口座凍結は、休眠口座に関する凍結で、サポートに連絡すれば凍結解除されるものです。それ以外の口座凍結情報はありませんでした。

海外FX業者の口コミサイトチェック

FPA(Forex Peace Army)のiFOREXの評価

評価 3.753  

リスク評価

iFOREXは、世界展開している大手の海外FX業者で、世界的なFX業者の口コミサイト「Forex Peace Army」でも、高評価を受けている業者です。

口座凍結、出金拒否リスク評価

口座凍結、出金拒否リスクを評価すると

  • 過去の出金拒否情報  出金拒否の情報はない
  • 過去の口座凍結情報  口座凍結の情報は少なく、凍結されてもサポート連絡で解除される
  • 海外FX業者の口コミサイト情報  海外FX業者の中で高めの評価

ですので、口座凍結、出金拒否リスクはほとんどない海外FX業者と考えられます。

[iFOREX-btn]

iFOREXの資産保全リスク

追証ゼロカット対応

iFOREXは、追証ゼロカットサービスを提供しています。

マイナス残高リセット
市場には変動がつきものです。HFMのマイナス残高リセット(ゼロカット)方針のもと、マージンコールやロスカット(強制決済)が適切に機能しない市場の乱高下時においても、お客様に追証の責任は一切発生いたしません。

リスク評価

口座のマイナス残高分は、iFOREXが補填することがサイト上にも明記されており、また「市場の乱高下時においても、お客様に追証の責任は一切発生いたしません。」と相場に関わらず、追証なしを保証してくれています。入金額以上の損失は発生しないと考えられます。

資産保全

分別管理とロイズの損害賠償責任保険に加入しています。

当社はお客様をはじめとする第三者に対する債務に関して、 500万ユーロを上限とする民事賠償保険制度で、追加の保護対策を講じています。この保険は、誤謬、脱漏、過失、詐欺など金銭的損失につながる多様なリスクをカバーする業界でも有数の手厚い補償内容です。

リスク評価

完全な資産保全体制ではありません。ただし、保険によって500万ユーロまでの賠償保険には入っているため、一定の保証にはなります。しかしながら、倒産時に投資家の資金が戻ってくるような契約ではないので、資産保全とは言えないのも事実です。

また、デロイトトーマツグループの監査法人が入っているため、透明性の高い会計などは期待できます。

紛争解決機関への加盟

iFOREXは投資家とブローカーの紛争解決に特化した機関に加盟していません。

資産保全リスク評価

資産保全リスクを評価すると

  • 追証ゼロカット対応  サイト上に明記している。自動的にリカバリー
  • 資産保全  分別管理と損害賠償責任保険
  • 顧客トラブル対応 × 紛争解決機関への加盟なし

ですので、資産保全や顧客トラブルへの対応などは、一定レベルはあるサービス設計となっています。

iFOREXのリスク評価まとめ

iFOREXのリスクを評価すると

  • 倒産リスク  低い
  • 口座凍結、出金拒否リスク  低い
  • 資産保全リスク  一定レベル

という形になります。

企業規模が大きく、出金リスクも少ない、ロイズの損害賠償責任保険に加入し、デトロイトトーマツグループの監査も入っているなど、全体的には、信頼性の高い海外FX業者と考えられます。マイナス点としては、信託保全は導入されていない点が挙げられます。

[iFOREX-btn]

iFOREXのメリット

iFOREXのリスクを理解した上で利用するメリットには何があるのか?一つずつ解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です